望月慎一郎税理士事務所 書面添付の推進

書面添付ってなんですか?

正式名称は、「税理士法33条の2第1項の書面添付」といいます。 税務申告書類と一緒に税理士が添付することができる書面。 逆に言うと、税理士以外はこれを添付することができません。 この書面が添付された企業に、税務官公署が税務調査をするためには、 添付書面の内容について、税理士に意見陳述の機会を与えなければなりません。 つまり、税理士の意見を聞いてから実際の税務調査に入るということです。 税理士の意見を聞いて税務調査が省略された例もあります。

書面添付するとメリットは?

書面添付された申告書は計数面での信頼性を高めます。特に金融機関等からの 評価を大きく変えます。 例えば、いくつかの金融機関の個別融資商品で、書面添付を条件に金利を下げ る扱いもあります。

書面添付はどんな人(企業)でも適用できますか?

上記に示したメリットがありますが、全ての方、全ての企業へ実施できること ではありません。 【当事務所の主な書面添付適用条件】 ①TKCシステムを使用して月次監査を行っている  ②当事務所がお客様の日々の取引・経理状況を把握出来ている ③適正な経理状態である ④原則として顧問開始から2年以上経過していること  などが挙げられます。

書面添付制度について詳しいことを知りたい方は当事務所へお問い合わせください。